読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コンピュータは好きだけど……

雑記

作りかけのiOSアプリが全然進んでない。非常にまずい。

取り柄の集中力と根気強さはどこに行ったのやら。

プログラミングは苦手じゃないし、抽象的な概念が理解できないわけでもない。そもそもプログラミングで楽しいと思ったのはいつだったか。 書いたプログラムが意図通りに動いただけで楽しかったはずなのだけど。

コンピュータがらみで感動した思い出

…唐突だけど。

  • パソコンを自作して無事に動作したとき(2001年12月26日あたり)
  • Linuxでインクジェットプリンタから印刷したとき(2002年3月ぐらい)
  • Google Mapに遭遇したとき(2003年だったか2004年?ぐらい)

あとはNIS+NFSからOpenLDAP+Sambaに切り替えたときとか。プログラミングに絡んでるのは最後のGoogle Mapぐらいか。 しょぼいところだとLaTeXマクロとか色々あるけど。気がついたら10年ぐらい感動体験みたいなものがほとんど思い浮かばない。 白内障手術後の劇的な視力回復は感動したけど、それは何となく違う。どこかで何かを落としてしまったような感じ。

Google Map以前*1CGI時代のインターネットを知ってる人間からするとあれは衝撃的だった。 それはそうとして、コンピュータで何かしてるのが楽しいのであって、実はプログラミング好きじゃないのかも?

悩むまでもなく、サーバー管理とか知識偏重系の方が得意ではあるのだけど。だからと言ってまた仕事にしたいかというと疑問。なんかこう本読んでキーボードをガチャガチャ叩いて、それでなんか一種の代償行為みたいな何か?

自分でも何がしたいのかよく分からない。何もしたくない訳じゃないけど、どうしてもやりたいって訳でもない。まあ強いて言うなら本読むのは楽しいし、知識が増えるなら特に何でも充実感はある。

どうみてもが足りない。食欲もあるし物欲もあるけど抑え込めないほどでもない。というか抑え込めてしまうことに嫌悪感を感じる。まあもう少しゆっくりしていられるからいいのか。

使命感みたいなものが欲しいのだけど、他人がくれるものではないしなあ。

サンタさん、迷える子羊に使命感とか夢みたいなものを下さい。もう子供じゃないけど。

P.S. ついでにAmazonギフト券とかMacBook Proとか欲しいです。

*1:要するにAjax登場以前