読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

白内障手術から一年。

健康関連 白内障 雑記

f:id:atuyosi:20160604225241j:plain

若年性白内障の手術からちょうど一年です。

右目が6月4日、2週間後の6月18日が左目。経過は良好、特に問題ないです。

手術後に視力低下が起きるケースもあるらしいですが、おかげさまで非常に安定しています。

a244.hateblo.jp

a244.hateblo.jp

因果関係はわかりませんが、白内障の手術後は以前より良く眠れるようになってます。 それと、以前より眼精疲労に強くなっているような気がしています。肩が凝らないというわけではないですが、白内障になる前よりは疲労を感じなくなりました*1

どういうことかというと、私の目は白内障手術の結果、水晶体を除去して近見用の単焦点レンズを埋め込んだ状態になっています。ピント調節能力がない状態です。普通の人の場合は水晶体の厚みを調整してパソコンのモニター画面にピントを合わせる必要があり、結果として眼精疲労になるという理屈だったはずです。私の場合はそもそも焦点を調整する必要がない*2ので疲れにくいのかと思っています。


一年経過したうえでの感想としては、遠方に出かけたりすると不便、という感じです。遠見用のメガネをかけると手元が見づらくなるので、見知らぬ土地に出かけるときは老眼のお年寄りみたいな心境です。

逆に言うと他に大きな問題はないです。自分の指を自分の目に近づけても指紋が見えないくらいでしょうか。

人間の体、特に脳の適応力は素晴らしいと思います。白内障手術の経験者でないと実感できないですが、単焦点レンズが埋め込まれた状態でこれだけ違和感なく者が見える、というのは冷静に考えてはっきり言って異常な気がします*3。それだけピントの合う範囲の広いレンズなんでしょうけれど。


あとは手術前は50キロ未満だったは体重ですが、50キロ台後半でほぼベスト体重。ちょっとばかし腹部の脂肪が気になりつつあるかな、というところです。

滲出性中耳炎がズルズルと長引いているのが微妙な状況です。耳鳴り自体はほとんど気になりませんが、聴力が若干落ちたままという状態。

9月に眼科の定期検査(1年ぶり)の予定。

手術が上手くいって良かったと思う今日この頃です。それではまた。

※画像はぱくたそのご利用規約 | ぱくたそフリー写真素材より。

白内障・緑内障・黄斑変性が自分で治せる101のワザ

白内障・緑内障・黄斑変性が自分で治せる101のワザ

*1:インドア派の人間として非常に喜ばしいです。

*2:近見用のレンズなのでほぼ焦点距離は40cmから1mぐらいのようです。ですが、それ以上離れた対象物が見えないわけではないです。

*3:保険適用外のはずですが、多焦点レンズもあります。使い捨てカメラのレンズみたいなもの