ConoHa から Vultr のVPS に移行したので簡単な紹介

VultrVPSに移行完了したので簡単な紹介。

海外VPS勢の中ではちょっとマイナーなようですが、なかなか良いVPSです。

概要など

  • KVMベースのVPSサービスで100% SSD。競合他社のVPSより高パフォーマンスというのが売り文句(と、主張している)。

特長

  • 時間あたり or 月額単位の課金
  • 支払いにクレジットカード、PayPalビットコインが使える(デポジット式)
  • 北米を筆頭に15のロケーションから選べる(東京リージョン提供中)
  • 通常のインスタンスとは別にストレージ用インスタンス(Storage Instance)と専有型のインスタンス("Dedicated Instance")
  • 一部のロケーション限定であるが、DDoS対策サービスを提供している(東京は対象外)
  • サポートからのレスポンスがとても速い
  • 一応、APIも提供されている

ストレージ用インスタンスはCPUコア数、メモリ容量よりメインのストレージの容量が欲しいケース向けのもの。ただし、ストレージ用と専有型のインスタンスはリージョンによっては売り切れ中。

サポートからのレスポンスの速さは圧倒的。

古い紹介記事だと東京を選ぶとネットワーク転送量が200MBとか400MBとか書かれていますが、現時点では一番安いタイプのインスタンスで月間1,000GBになっています。

また、ネットワーク転送量はinbound かoutbound の多い方が適用されるとのこと(Vultrの1ヶ月の基準は672時間)。

他にもKVMのスナップショットをアップロードしてOSイメージの代わりにできる模様。

細かい仕様・制限は公式サイトを参照。特によくある質問(FAQ)。

www.vultr.com

主なデメリットは以下のとおり。

  • 支払いがデポジット方式のみで、返金はなし
  • ロードバランサ機能が提供されていない(あくまでもVPS

各種設定

基本的に選んだOSの初期設定をする。過去記事に書いたとおり、Swapが設定されていないので、その点だけ注意する。

a244.hateblo.jp

ConoHaと違ってVPS側にファイアーウォール機能はないので インストールしたOS側でファイアーウォールを設定する必要がある。

UbuntuならUFWで設定すればOK。HTTP、HTTPSSSHしか開放しないのでそんなに難しくない。過去記事と同じ。

制限など

初期状態ではSMTPポートからの通信がブロックされている。サポートに連絡すれば解除される。

参考:Outbound Port 25 Blocking - Wikipedia

Vultrの管理画面にログインし、左端のメニューの"Support"をクリックしてサポートに申請すれば即対応してくれる。

適当に「システムからの通知メールを送信したいです。 SMTPポートを解放してください(意訳)」みたいなメッセージを送ると「解除したよ。スパムに関するポリシー読んでね。仮想マシン自体をRestartしないと反映されないよ(超意訳)」みたいなメッセージとが帰ってくるはず。

制限解除を反映するには管理画面のサーバーリストからVPSを"Restart"する必要があるので注意(下記の画像を参照)。

f:id:atuyosi:20161121040247p:plain

また、下記のポートはDoS対策の関係で恒久的にブロックされているとのこと

実害はないはず。

感想

円高を見込んだはずが、アメリカの大統領選の余波で円安になって微妙な心境です。それでもコストパフォーマンスは悪くないはず。

東京のデータセンターなので、sshでログインしてからのレスポンスはまずまず。ConoHaと同じ程度。

Webから問い合わせ後のレスポンスが数分以内で返ってくる。マジですごい。英語なのでニュアンスがわからないが、非常に好印象。

何処かの会社のそっけないレスポンスとは段違い。

未使用分のConoHaチャージをどう使うかが悩みどころです……。

紹介とかクーポン

そもそも普通に初回サインアップだけで$5分のクーポンが自動的に適用される。初回サインアップする際にどのリンクを踏むかで金額が変わるんでなんとも言えない無常感がある。


紹介者と新規ユーザー($10以上のデポジットと30日以上利用することが条件)の両方が得するはず(期間限定)。

公式の期限付きクーポン

嫌儲な方向け? そんなもんあるなら先に言ってくれ的な感じ。公式ページの下の方にさりげなくリンクがあります。公式ページにアクセスしてページの下までスクロール。

有効期限2ヶ月の新規入会者限定(上段)と、有効期限1ヶ月(下段)の2つ。

どっちも期限付きなうえ、デフォルトの$5分とマージされるのでお得感が薄い。

紹介者リンクをクリックする方がお得なのかどうかはどういう使い方をするかで判断してください。期限付きなので一番安いプランしか使わない場合はありがたみが薄い。

Vultr.com Coupon Codes, Promo Codes, Coupons, Gift Codes, and Special Offers! - Vultr.com

後者はSign up した後にギフトコードを入力する必要あり(ログインした後に画面の左側に表示されるメニューから"Billing"->"Gift Code")。

以上です。