macOSとスクリーンショット


スポンサーリンク

備忘録というかメモ。

基本

基本的なやり方

  • 画面全体: Command+Shift+3
  • 画面の選択範囲: Command+Shift+4、カーソルの形が変化したらドラッグ
  • ウィンドウ単体: Command+Shift+4、Spaceキーを押してからウィンドウをクリック
  • Touch Bar: Command+Shift+6

撮影されたスクリーンショットはデスクトップに保存される(El Capitan以降)。

ウィンドウ単体のスクリーンショットを撮る際、escキーでキャンセルできる。

海外のサイトによると、次期macOS Mojaveでは新しいスクリーンショット用のツールが追加されるとのこと(Command+Shift+5)。

標準搭載のグラブ.app(Grap.app)というアプリケーション、QuickTimeを使う方法もある。

クリップボードにダイレクトにコピーしたいとき

スクリーンショットの撮影時にcontrlを同時に押すとクリップボードに画像データが保存される。

  • 画面全体: Command+Shift+3+control
  • ウィンドウ単体: Command+Shift+4+control

他のキーを指で抑えた状態で最後に数字キーを押すとラクに操作できる。

ダイレクトに画像編集ソフトにペーストできて便利。

ウィンドウの影を消す

ウィンドウ単位でスクリーンショットを撮ると、ウィンドウの影のついた画像が保存される。

クリック時にoptionキーを押せば影のない画像が保存される。

マウスカーソルつきのスクリーンショット

グラブというアプリケーションを使えば可能。

  1. グラブを起動(面倒ならCommand+Space、grab.appと入力)
  2. Commad+,で設定画面を開く
  3. スクリーンショットに入れたいカーソルの形状を選ぶ

f:id:atuyosi:20180629100953p:plain

スクリーンショットに関する設定

基本的にTerminal.appなど、コマンドを実行することで設定を変更。

SystemUIServerというバックグラウンドで実行されているプロセスの再起動が必要なケースと、そうでないケースがある。

保存先の変更方法

初期設定ではデスクトップに保存されるので少々不便です。

$ defaults write com.apple.screencapture location <path>
$ killall SystemUIServer

defaultsコマンドで設定をを書き込み、killallコマンドでSystemUIServerプロセスを再起動。

設定したい保存先に合わせてを変更。

Web上の情報では基本的にはピクチャフォルダ(Picture)に保存する人が多い印象。

設定例:

$ defaults write  com.apple.screencapture location ${HOME}/Pictures/

念の為、SystemUIServerを再起動。

$ killall SystemUIServer

環境変数${HOME}がユーザーのホームディレクトリに展開される。

現在の設定はターミナルで以下のようにdefaultsコマンドにreadオプションを指定して実行すると確認可能。

$ defaults read com.apple.screencapture location

保存形式の変更

保存形式を標準のPNGから変更可能。

$ defaults write com.apple.screencapture type jpg

typeの値として保存形式を指定する。他の形式としては bmp、pdf、tiffなど。

試した限りでは設定の変更は即座に反映された。

ファイル名の接頭辞(文字列)の変更

ファイル名のパターンを完全に独自形式にすることはできない。部分的には変更できる。

$ defaults write com.apple.screencapture name 文字列

文字列の部分を自分で設定したいファイル名の接頭辞に変更。

元に戻したい場合は設定値を削除。

$ defaults delete com.apple.screencapture name

ファイル名に日付と時刻を含むかどうか

$ defaults write com.apple.screencapture include-date -bool false

この状態で連続でスクリーンショットを撮ると、ファイル名が「スクリーンショット.jpg」、「スクリーンショット 1.jpg」、 「スクリーンショット 2.jpg」という形式になる。連番の数字の前にスペースが入っているので注意。

元に戻したい場合は設定値の削除(または-bool trueとして上記コマンドを実行)。

$ defaults delete  com.apple.screencapture  include-date

デフォルトを影なしにする設定

いちいち影なし・影ありをoptionキー切り替える必要がない場合は、設定で常時影なしにできる。

$ defaults write com.apple.screencapture disable-shadow -bool true

もとに戻す場合は値をfalseにするか、パラメータ自体を削除する。

$ defaults write com.apple.screencapture disable-shadow -bool false
$ killall SystemUIServer

または、

$ defaults delete  com.apple.screencapture disable-shadow
$ killall SystemUIServer

まとめ

mac関連の雑誌でもoptionキー同時押しで影なしのスクリーンショットが撮れるというTipsは紹介されていなかったと思う。

元ネタは海外のサイトからというケースが多いけど、海外のサイトはどうやってマニュアルにも公式サイトにもない情報を得ているのか不思議。 Apple社員がリークしている?

参考リンク

macOS High Sierra パーフェクトマニュアル

macOS High Sierra パーフェクトマニュアル

広告