Amazon Advertise API 関連メモ書き


スポンサーリンク

AmazonProduct Advertising APIに関するメモ書き。備忘録なので非常に雑です。

APIの概要

Amazonの商品データベースから各種情報をXMLで取得できるAPI

商品の詳細や在庫情報など、取得できる情報は幅広い。

商品データベースに関する操作とカートに関する操作がある。

この記事では商品データベースに関するAPIのみ。

  • Search(検索)
    • ItemSearch:キーワード(またはASINなどのID)でItem(商品情報)検索
  • Lookup(特定の項目の参照)
    • BrowseNodeLookup:ブラウズノード(カテゴリあるいは出品者、メーカー)について情報を得る
    • ItemLookup:ASINやISBNのようなIDでItemを検索
    • SimilarityLookup:類似商品を探す

公式ドキュメント

Welcome - Product Advertising API

2013年8月1日付けが最新。

Amazon.co.jpではなくdocs.aws.amazon.comのドキュメントをたどる。

使用するには

  1. まずAmazon アソシエイトに登録する
  2. APIを有効化し、APIキーを入手する

  3. Amazon associateのアカウントを作る(買い物用のアカウントとは別にした方が無難)

  4. アクセスキーの取得

Amazon Product Advertising API関連リンク集

注意事項

目的外の使用に対して非常に厳しくなっているので注意が必要。

Product Advertising API (PA-API) の利用ガイドライン

月に最低一回、「(改変なしの)APIからのレスポンスに含まれるURL」から売上が発生していれば最低1秒1回の呼び出しは可能。

APIからのレスポンスに含まれるURLを改変無しで使用しろ、というのはかなり厳しい気がする。

転売用の価格調査用のDB系のとばっちりということなんだろう。

APIに指定するパラメータについて

すべての国で共通

カテゴリのリスト

SearchIndexを使う場合に必要。

Python用ライブラリ

bottlenoseというライブラリがあるのでこれを使う。

以下はAPIの挙動の確認に作ったもの。キーワード検索結果を取得するサンプル。

APIからのレスポンスそのものはXMLで保存している。後半部分で結果をパースしてPythonのリストにしている。 APIキーはdotenv経由で環境変数から。

#! /usr/bin/env python3
# coding: utf-8

import bottlenose

from bs4 import BeautifulSoup

from retry import retry
import os
import sys
import pathlib
from time import sleep
from dotenv import load_dotenv
from string import Template
from datetime import datetime

# [GitHub - theskumar/python-dotenv: Get and set values in your .env file in local and production servers.](https://github.com/theskumar/python-dotenv)
# [GitHub - lionheart/bottlenose: A Python wrapper for the Amazon Product Advertising API.](https://github.com/lionheart/bottlenose)



load_dotenv('./django_project/.env')

AWS_ACCESS_KEY_ID = os.environ.get('AWS_ACCESS_KEY_ID')
AWS_SECRET_ACCESS_KEY = os.environ.get('AWS_SECRET_ACCESS_KEY')
AWS_ASSOCIATE_TAG = os.environ.get('AWS_ASSOCIATE_TAG')

amazon = bottlenose.Amazon(AWS_ACCESS_KEY_ID, AWS_SECRET_ACCESS_KEY, AWS_ASSOCIATE_TAG, Region='JP')

response_group = 'Images, ItemAttributes' # response_groupに何も指定しないと画像のURLは取得できない?

response_text = None

cached = False

if cached :


    path = pathlib.Path("./dump7.xml")

    with path.open('rt') as fp:
        response_text = fp.read()

else :

    for i in range(10) :
        try:
            response = amazon.ItemSearch(
                Keywords="フルメタル・パニック", SearchIndex="All",
                ResponseGroup=response_group
            )
            response_text = response.decode('utf-8')
            break
        except:
            print("got 503 error, retry!")
            sleep(3)
    else:

        sys.exit(-1)


    # path = pathlib.Path("./dump7.xml")
    filename = "./dump_" + datetime.today().strftime("%Y-%m-%d-%H%M%S") + ".xml"
    path = pathlib.Path(filename)

    with path.open( mode="wt") as op :
        op.write(response_text)

soup =  BeautifulSoup(response_text,'lxml') # lxmlを使う場合はタグ名はすべて小文字。

itemList = soup.find_all("item")

item_data = list()
for item in itemList :
    print(item.name)

    author_list = [node.text for node in item.find_all('author')]

    creator_list = list()

    for tag in item.find_all('creator'):
        role = tag['role']
        text = tag.text

        creator_list.append((text, role))

    # publisher or manufacture studi or author ? どれか
    temp = {
        'title' : item.find('title').text,
        'detail_url' : item.find('detailpageurl').text,
        'asin' : item.find('asin').text,

        'manufacturer' : item.find('manufacturer').text if item.find('manufacturer') else None, # Kindle版はManufacture なし?

        'authors' : author_list,
        'creators' : creator_list,

        'small_image_url' : item.find('smallimage').find('url').text if item.find('smallimage') else None,
        'medium_image_url': item.find('mediumimage').find('url').text if item.find('mediumimage') else None
    }

    if item.find('format') :
           temp['format'] = item.find('format').text
    if item.find('binding') :
            temp['binding'] = item.find('binding').text

    print(temp)

    item_data.append(temp)

# author, creatorは複数の可能性がある。

print(itemList)

print(item_data)

書籍や動画以外は画像の縦横比がバラバラだったりするので注意が必要。

参考情報

Response Groups関連

商品に関するXML属性

下記のリンクから"Ancestry: ItemAttributes"という項目を確認する。

Response Elements - Product Advertising API

参考URL

検索時の制約

「Amazon API」の使い方![最終回]-実際に作ってみよう- | HPcode

カテゴリ別のランキング

BrowseNodeを指定するらしい。

システム管理者さんの憂鬱 : [C#] Amazon Product Advertising API を使用する

その他

広告