読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Raspbian (2016/09/23以降)とVNC接続

Linux Raspberry Pi ラズパイ

Raspbian の最新バージョン(2016/09/23以降)で標準でRealVNCがインストールされるようになったようです。

マウスを数回クリックするだけで有効化できました。そこまではいいです。

問題はその後。

普通にroot権限で、RealVNCのサーバーが起動するようです。この時点で嫌な感じですが、初期設定では接続不能です。

f:id:atuyosi:20161009233547p:plain

ラズパイ側のログは以下のとおり。

Oct 9 23:06:28 raspberrypi vncserver-x11[2024]: Connections: disconnected: 192.168.0.6::49365 ([ConnFailed] No configured security type is supported by 3.3 VNC Viewer)

初期設定はUNIX Password認証のようですが、macOSおよびUbuntu標準のクライアントでは接続不能でした。

そもそもrootのパスワードは設定されていないはず。

ラズパイ側でRealVNC側の認証方法をVNC passwordに変更することで解決しました。好ましい解決策かどうかは判断しかねます。

インターネット越しに接続するつもりならVPNなど何らかのセキュリティ対策は必須だろうと思います。

有効化手順(GUI

  1. メインメニューからラズパイの設定メニューをクリック
  2. インターフェイスタブをクリック
  3. VNCのところの有効のラジオボタンをクリック
    f:id:atuyosi:20161010000929p:plain
  4. OK をクリック
  5. 接続方法の説明書きが表示されるのでIPアドレスを確認したら"Hide”をクリック。
  6. 画面右上にVNCのアイコンが表示されるのでマウスで右クリックして"Options..."というメニューをクリック。
  7. Authentication という文字列の横のプルダウンメニューを"VNC Password"に変更
    f:id:atuyosi:20161010000900p:plain
  8. OKを押す
  9. パスワードを設定するように促されるので、適当なパスワードを設定する

VNCクライアントからラズパイのIPアドレスに接続する。設定を変更していない限りはポートは5900。

f:id:atuyosi:20161010002045p:plain

  • Macの場合はFinder で「移動」メニューから「サーバーに接続」もしくは"Cmd+k"で接続ダイアログが表示される
  • Ubuntu はRemmina というソフトがインストールされているはず
  • Windows はクライアントを入れる(RealVNC | Download VNC Viewer for Windows

パスワードを聞いてくるので、上記の手順9.で設定したものを入力すれば接続されるはず。

f:id:atuyosi:20161009233512p:plain

f:id:atuyosi:20161009233455p:plain

そのほか

GUI未使用の場合はraspi-configから有効化するか、systemdのサービスとして有効化すれば起動するはず。あとはDebian/Ubuntu系のvncserverの設定と同じ要領のはず。

参考:RealVNC | Raspberry Pi

そもそもインストールされていない場合は、aptでインストール。

$ sudo apt-get install realvnc-vnc-server


なんか不毛な感じなのでここまで。

関連URL