公共料金の解約手続きに関するメモ


スポンサーリンク

前回に引き続き解約ネタ。参考情報ということで。

前提

アパートを引き払ってしばらく海外に行くので、転居先の住所は国内ではない。できれば面倒なので実家に郵便物は届いて欲しくない。

関西電力

Webで手続きできるが、転居先の住所を国内にしないといけない。仕方がないので親戚の住所に。

電話しても良かったが、別件で忍耐力を使い切ったので妥協した。

関西電力のWeb料金明細に登録していると手続きがスムーズだった。この点は良いと思う。

電気やガスの停止のお手続き|関西電力 個人のお客さま

大阪ガス

Webでできるし、転居先の住所を国外(その他)にできる。ただし、閉栓の際の立会いの日程選択が必須。

なので閉栓の立会いができない場合は結局電話する必要あり。

使用中止のお申込み /大阪ガス :ご家庭のお客さま

京都市水道局

こいつらが一番タチが悪い。Webの手続き用のページが存在するが、集合住宅の場合は「お客様番号?」の桁数が違うの使えないようだった。

何がひどいって同じ項目を二回入力させるとか、今時ユーザーに半角全角の切り替えを要求するわでUIがひどい。

存在するのに公式の引っ越し手続き方法の説明ページには記載がない……。

まあ、結局電話しましたが。

まとめ

結局電話したとはいえ、大阪ガスのWeb申請ページはできが良かったと思う。それと大阪ガスのコールセンターは非常に感じが良かったことをここに付記しておく。

それでは。

広告を非表示にする

広告